日本に生きるイスラーム ―過去・現在・未来―
129/220

125日本のイスラーム、戦後の歩み ―20世紀後半から今日まで―響力には絶大なものがある。その意味においても、日本の宗教指導者との不断の対話と協調関係の維持は、日本に正しいイスラームの理解を深めるものであり、今後の日本におけるイスラーム活動にとっても不可欠の課題であろう。一 『アッサラーム』87号、44ページ、イスラミックセンタージャパン二 国連のNGO「世界連邦運動」に所属する日本宗教者の委員会。宗教者の立場から世界平和を推進することを目的に1967年に創設され、超宗教、宗派で構成されている。世界の諸宗教の協調と共生を促す活動を国内外で展開する。三 世界平和の実現に向けて活動している国連経済社会理事会に属し、総合協議資格を1999年7月に取得したNGO。世界の約75ヶ国に国内委員会がある。参考資料 ・『創立50周年記念・協会小史』 日本ムスリム協会 ・『アッサラーム』86号 イスラミックセンタージャパン

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です