日本に生きるイスラーム ―過去・現在・未来―
130/220

1262005年(京都、比叡山)「アジア仏教者との対話」カマール・ハサン博士、マレーシア国際イスラーム大学学長(マレーシア)2006年(東京)「パレスチナ人から視た中東和平への展望」ムンサル・ダジャーニ博士、アルクドゥス大学教授(パレスチナ)2006年(京都)「第8回世界宗教者平和会議世界大会―紛争解決、平和構築、持続可能な開発―」エルハサン・ビン・タラール(WCRP国際委員会実務議長・ヨルダン王子)、ムハンマド・ハタミ博士(イラン前大統領)、ムスタファ・セリッチ師(ボスニア・ヘルツェゴビナ・イスラーム共同体最高指導者)、シェーク・シャバン・ムバジェ師(ウガンダ・ムスリム最高議会法律顧問)他2007年(京都、比叡山)「平和の祈りの集い」アブドッラー・アルレへダン博士、寄進・宣教・善導省、イスラーム問題審議官(サウジアラビア)、デイーン・シャムスデイーン博士、ムハンマディーヤ会長(インドネシア)、ムハンマド・アブドゥルファーデル・アブドゥルアジーズ博士(エジプト)、ワリド・リドワン氏、ムハンマディーヤ国際渉外部副部長(インドネシア)2008年(北海道)「G8―洞爺湖サミットに向けて―平和のための提言」アブドッラー・アルレヘダン博士、宗教省副大臣補佐(サウジアラビア)、シェイク・シャバン・ムバジェ、イスラーム最高協議会最高指導者(ウガンファリーダ・アリ氏、イスラミック・へリテージ・ソサダ)、ムハンマド・アルサンマック師、キリスト教・ムスリム対話委員会事務総長(レバノン)、イェティ名誉会長(パキスタン)2009年(東京)「アフガニスタン和解と平和に関する円卓会議」ムハンマド・マスーム・スタナクザイ、アフガニスタン大統領顧問(アフガニスタン)他パキスタン、イラン、サウジアラビア、アメリカ、EUから外交問題担当者、学者、宗教者参加

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です