日本に生きるイスラーム ―過去・現在・未来―
190/220

186ッバース朝の時代からある」というから、驚きです。このエピソードには後日談があります。4年前にヨルダン大学を訪問し、シャリーア学部長に面会を求めたところ、登場したのはなんと当時の学友、目の不自由な彼だったのです。私のことを覚えていてくれて、70年代の話に花を咲かせました。身体的なハンディキャップが職業上の障壁にならないというのは、イスラーム世界のすばらしい特色だと思います。「神と自分」という、シンプルな関係性片山 私が30年近くイスラーム圏で過ごし学んだのは、「イスラームとは、ある特定の人のものではない」ということです。イスラームの心を学ぶのに人種は関係ありません。それがまた、すばら片山 廣(かたやま ひろし)1938年生まれ。アラブ イスラーム学院(サウジアラビア王国大使館付属)顧問。宗教法人日本ムスリム協会、監査役、諮問委員。経歴:カイロ アルアズハル大学留学。千代田化工建設株式会社 勤務。(在職中は、ヨルダン、サウジアラビア、イラク、カタール、リビア、ナイジェリアなどでプラント建設のために現地に長期滞在)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です