日本に生きるイスラーム ―過去・現在・未来―
193/220

189座談会 日本人が語る―イスラームと我々の未来め、イスラームやサウジアラビア関連の本の出版、アラビア語講座の開催、文化事業への参加、会員および一般の方へ向けた情報・資料の提供、在日サウジアラビア王国大使館との協力事業、訪日サウジアラビア要人の歓迎会等に携わってきました。そういった活動をご評価いただき、1981年に開催された創立20周年記念式典の折には、当時のファハド皇太子殿下から50万ドルのご寄付が寄せられました。それをもとに設立されたのが「日本サウディアラビア友好ファハド基金」で、この基金を元に貴重なイスラーム、サウジアラビア関連書籍の邦訳出版事業を行っています。さらに2006年には、訪日されたスルターン皇太子殿下から50万ドルの寄付をいただき、「アブドッラー国王基金」を設立しまして、現在も、さまざまな文化事業に活用しています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です