サウジはともだち
30/40

26イスラームの2大聖せい地ち「マッカ」と「マディーナ」があること。宗しゅう教きょうや信しん仰こうにとって、とても重じゅう要ような意味をもつ場所のことを聖せい地ちといいます。イスラーム*には3つの聖せい地ちがありますが、そのうちの2つがサウジアラビアにある「マッカ」と「マディーナ」です。3つ目の聖せい地ちは、エルサレムのアルアクサモスクです。サウジアラビアにあるこの2大聖せい地ちは、サウジアラビアの人にだけでなく、世界中のムスリム*にとって、とても大切な場所なのです。*「イスラーム」と「ムスリム」については、7ページに書いてあります。12. サウジ人の誇ほこりってどんなこと?巡じゅん礼れい者しゃたちがお祈いのりをするマスジット(モスク)。およそ300万人のムスリムが同時に祈ります。中央にある黒い箱形の建たてものは「カーバ聖せい殿でん」といいます。イスラームの始まりの地「マッカ」。世界におよそ15億おく人いるといわれているムスリムには、健けん康こうと財ざい力りょくが許ゆるすかぎり、一生に一度はマッカへの巡じゅん礼れいをしなければならないという決まりがあります。そのため、マッカには1年中絶たえることなく世界中から大おお勢ぜいの巡じゅん礼れい者しゃたちが訪おとずれます。マッカは、イスラームの預よ言げん者しゃムハンマド*が生まれた場所であり、イスラームの始まりの場所でもあります。ムスリムは1日5回のお祈いのりをしますが、世界中どこの国にいようとも、すべてのムスリムたちは、このマッカの方角に向かってお祈いのりを行なっているのです。*「預よ言げん者しゃムハンマド」については、7ページに書いてあります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です