サウジはともだち
31/40

お年玉の使い道は…サウジアラビアにも日本と同じ「お年玉」の習しゅう慣かんがあります。しかし多くの子どもは、もらったお年玉の一部を自分のために使うのではなく、貧まずしい人へ寄き付ふします。このように、お年玉の使い道からも、サウジアラビアの子どもたちは、社会に果はたすべき責せき任にんを学んでいくのです。27アラブ・イスラーム世界のリーダーであること。このように、イスラームの2大聖せい地ちのあるサウジアラビアは、イスラーム世界の中心的てき存そん在ざいです。また、ムスリムがたくさんいる国で組そ織しきされた「イスラーム協きょう力りょく機構(OIC)」の事じ務む局きょくやイスラーム開発銀行(ISDB)の本店がジェッダ*にあることからも、サウジアラビアがイスラーム世界のリーダーであることがわかります。このことも、サウジアラビアの人々の誇ほこりです。*「ジェッダ」については、16ページに書いてあります。ここは、預よ言げん者しゃムハンマドのゆかりの地であることから「預よ言げん者しゃモスク」と呼ばれています。マッカと同様におよそ200万人以上のムスリムが同時に祈ります。預よ言げん者しゃムハンマドの墓はかがある「マディーナ」。マディーナは、マッカから北におよそ500キロメートル離はなれたところにあります。マディーナは、初しょ期きのイスラーム共きょう同どう体たいの首都でした。また、預よ言げん者しゃムハンマドが生しょう涯がいを終えた場所でもあります。マッカを巡じゅん礼れいしたムスリムのほとんどがマディーナにも訪おとずれるため、ここも世界中からの巡じゅん礼れい者しゃが絶たえることがありません。ムスリムの誇ほこりである、この2大聖せい地ち「マッカ」と「マディーナ」を守っていることや巡じゅん礼れい者しゃを受け入れ、もてなすことが、サウジアラビアの人々の誇ほこりなのです。このことは、サウジアラビアの国王が自らに与あたえられた称しょう号ごうを「陛へい下か」から「二に聖せいモスクの守しゅ護ご者しゃ」に変へん更こうしたことからもよくわかります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です