サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
107/222

103より良き未来を約束するためにたら、どうなるのか。保険会社にどう説明すればいいだろうか。家族には何と言おうか。弁護士との会談を終えると、頭は混乱しており、急いで通りに出て車を探したところ、警官が遠くから私に手を振っていた。彼は私のところまで車でやってきてくれた。私は約束を守る日本人のその姿勢に深い敬意を表した。東京オリンピックが近づき、渋滞を緩和させるため、そして海外からの観戦客や選手を迎えるために道路などのインフラ工事も進められていた。工事は昼夜を徹して行われたが、その間に交通が阻害されることはなかった。その成果は特筆に価するものである。新しいホテルが建設され、公園は整備され、看板には英語が追加され、競技場に向かう観戦客専用の車線が設置され、外交団や公式代表団専用のプレートが発行された。都知事は主婦に対して家の壁を白く塗り、家の前の道を清掃し、家を花で飾るように呼びかけ、この呼びかけは直ちに実行された。引退した高齢者は自宅を白く塗り、彼らは競い合うかのように自宅の玄関や窓を花で飾った。そして東京は結婚式を待つ花嫁のように美しくなった。各国大使館には、選手団のために、来日時の送迎や、日本の伝統文化や習慣などの情報提供といったサポートを行う大学や高校からのボランティアの登録名簿が届けられた。その年の暮れ、突然、シェイフ・アハマド・アブドゥルジャッバール大使の西ドイツへの異動が決まった。その前にはアブドルモフセン・アルカシーリー参事官の本省への異動が決まっていた。離任パーティーがはじまったが、その頻度は、大使と日本社会や外交団との関係の深さに比例していた。彼は有

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です