サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
169/222

165付録 日本・サウジアラビア ─関係の歩み─ 略年表・ 3月 日本政府はサウジアラビアのハーフィズ・ワハバ駐英公使の訪日の答礼として横山正幸駐エジプト公使をリヤードに派遣(随行員として商工省技師、三土知芳)・ 4月 1日 横山公使一行は太陽宮でアブドルアジーズ王に拝謁第二代サウード国王(1953〜64)1945年・ 外交関係樹立交渉は第二次世界大戦勃発のため打ち切られ、サウジアラビアは日本に対して宣戦布告1948年・ 5月 第一次中東戦争(パレスチナ戦争)(〜49年)1951年・ サウジアラビア・対日平和条約(サンフランシスコ平和条約)に調印1952年・ 日本ムスリム協会設立1954年・ 3月 サウジアラビアは対日平和条約(サンフランシスコ平和条約)を批准1955年・ 6月 日本・サウジアラビア間に外交関係が正式に樹立1956年・ 10月 第二次中東戦争(スエズ戦争)(〜57年)・ 日本政府はエジプト駐在の土田豊大使をサウジアラビア王国兼任公使に任命1957年・ 2月 山下太郎(アラビア石油株式会社創設者)岡崎勝男元外相らと石油利権獲得を目的にサウジアラビア訪問・ 12月 サウジアラビア政府と石油利権協定に調印1958年・ 1月 サウジアラビア政府が東京にサウジアラビア王国大使館を開設。 アサド・ファキーヒ大使を任命・ 日本政府は土田兼任公使を兼任大使に昇格・ 2月 アラビア石油株式会社発足・ 7月 クウェート政府と石油利権協定に調印1959年・ 7月 アラビア石油、中立地帯沖合で試掘を開始

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です