サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
186/222

182(a) 必要な事務所及び日本人専門家の相手方となるサウディ・アラビア人要員を含む現地職員を提供すること。(b) 必要な設備、機械及び資材について関税及びその他の課徴金を免除すること。(c) 第二条に従つて派遣される専門家及びその家族並びに調査団が、サウディ・アラビア王国において、第三国の専門家及びその家族に対して与えられる免除及び便宜よりも不利でない免除及び便宜を与えられること。第四条両政府は、それぞれの国において施行されている法令に従い、両国の国民(法人を含む。)の間の経済及び技術協力を奨励するよう努力し、各種の分野における合弁又は混合事業(又は会社)の設立を重視する。第五条サウディ・アラビア王国政府は、同王国における日本の資本の投下を奨励する。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です