サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
190/222

186皇太子・同妃両殿下の訪サ1994年1981年日本の皇室外交として初めて現在の天皇・皇后両陛下が訪サされて以来、約13年ぶりの1994年にその御子息であられる皇太子殿下と妃殿下が訪サされた。サウディ側はこのご訪問を国を挙げて歓迎し、日サ友好の絆は一層強化された。ご訪問に随行した外務省中近東第2課長奥田紀宏氏は、次掲の随行記を日本サウディアラビア協会報(№175)に寄稿した。皇太子同妃両殿下は、この度、アラブ湾岸諸国(GCC諸国)ご訪問の一環として、11月6日から9日までサウディアラビアをご訪問になりました。皇太子殿下はサウディアラビアご滞在中に、ファハド国王、アブドッラー皇太子その他サウディの王族及び政府の高官と親しく話を交わされ、両国の更なる友好親善関係の発展の実りを上げられました。サウディアラビア側のご訪問に対する歓迎ぶりも誠に心のこもったものでした。日本出発の前には滞在3日目に予定されていた皇太子殿下のファハド国王への表敬がリヤードに到着してみたら、その日の夕方になっていたというハプニングはありましたが、これも遠来の賓客に対するサウディ風の配慮を示したものといえましょう。サウディ側は通常外国元首しか宿泊しない新迎賓館を両殿下に提供し、今回

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です