サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
5/222

1プロローグ プロローグより深く豊かな友好関係をめざしてサウジアラビアは、2010年第17回東京国際ブックフェアにテーマ国として参加することになりました。それは、両国の交流を政治、産業・経済を主とする協力関係から、文化・教育分野を含むより深く豊かな関係構築に向け、新しい一歩を踏み出したい、という願いと意志の表れです。別の言い方をするなら、学生や一般の人々にまで相互理解の輪を広げ、ともに21世紀の両国のありかたを考えましょうという呼びかけでもあります。サウジアラビアでは、書物を大切にし、多くの本を読み、愛蔵する人を敬います。本は新しい智の源泉であり、時空を超えて未知の世界を読者に提示してくれます。2010年第17回東京国際ブックフェアをきっかけとして生まれた本書『サウジアラビアと日本│その素顔と絆│』が、この本を開いてくださった皆さまにとって、発見に満ちたものであることを願っています。本の執筆者と構成本書の最大の特色は、両国交流の素顔を知る民間アラビスト、歴代の両国大使、政治家が自分の言葉として、サウジアラビアと日本について語ってくださっていることでしょう。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です