サウジアラビアと日本 ―その素顔と絆―
7/222

3プロローグく感謝申し上げます。本書の刊行と第17回東京国際ブックフェアへのテーマ国参加をサポートしてくださり、また平素よりサウジアラビア王国大使館 文化部の活動や、サウジアラビア留学生へご支援をいただいている二聖モスク守護者アブドッラー・ビン・アブドゥルアジーズ・アール・サウード国王陛下ならびに、スルターン・ビン・アブドゥルアジーズ皇太子兼国防・航空相兼総監察官殿下、およびナーイフ・ビン・アブドゥルアジーズ第二副首相殿下へ感謝の意を表すとともに、本書の完成をここにご報告できることを幸せに存じます。また、文化部の活動にいつも多大なるご支援を頂戴しております、サウジアラビア高等教育省、ハーレド・アルアンカリー高等教育大臣、ならびにアリー・アルアティーヤ高等教育副大臣にも、深く感謝いたします。さらにアブドゥルアジーズ・トルキスターニ駐日サウジアラビア王国特命全権大使にも厚く御礼申し上げます。最後に、私を支えてくれ、本書製作に携ってくれた文化部のスタッフ、その他製作スタッフの皆さまにも謝辞を述べたいと思います。2010年第17回東京国際ブックフェア・プロジェクトは、それ自体がひとつの日本とサウジアラビアとの交流の場でもありました。両国の文化や慣習・考え方の違いなどを確認しながら、より良いものを目指し、ここに本ができ上がった喜びを、ともに分かち合いたいと思います。 2010年6月(1431年6月)サウジアラビア王国大使館 文化部 文化アタッシェDr. Eng. イサム・ブカーリ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です