2012年07月09日

第19回東京国際ブックフェアへ参加

DSC05421

日サ交流の写真をご覧になる秋篠宮殿下・妃殿下と説明を行うブカーリ文化アタッシェ

2012年7月5日(木)から8日(日)の4日間に亘り、「第19回東京国際ブックフェア」が開催されました。フェア会期中の来場者は6万6千人を超え、今年も大盛況のうちに幕を閉じました。

文化部の3度目の出展となった今年は、昨年よりも面積を拡大し、60平米の敷地で皆さまをお迎えしました。会期初日には東京国際ブックフェア名誉総裁の秋篠宮殿下・妃殿下がお立ち寄りくださり、日・サ関係の友好の歩みを紹介している写真パネルなどをご覧いただきました。アラブ・イスラーム文化やサウジアラビアを紹介する書籍の閲覧はもちろんのこと、2010年にテーマ国として参加した際にご好評をいただいた、聖地マッカ・マディーナの模型を再び展示させていただいた他、毎年列ができるほど人気のアラビア書道コーナーや、イスラームの聖典「クルアーン」をはじめ、装身具や香炉などをご紹介するショーケース、両国の王室・皇室の交流などの写真で見る日・サ関係の友好の歩みパネルなどをご用意し、おもてなしさせていただきました。

4日間にわたって開催された本フェアでは、サウジアラビアをはじめとしたアラブ・イスラーム諸国へ関心を持っておられる方々や学生さん、日本企業の方々など多くの方がお立ち寄りくださいました。少しでもサウジアラビアの雰囲気を感じていただけたのなら、これほどうれしいことはありません。今後もサウジアラビアと日本の絆を強めるべく、私共もこのような文化イベントに積極的に参加して参りたいと存じます。

 

DSC05503

DSC05472

サウジアラビア王国のブースの様子

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum