2014年04月16日

文化部、サウジ留学生第2期卒業を祝し卒業式開催
―日本国副総理、ノーベル賞科学者、宇宙飛行士から祝電―

_R4A9752

Dr.イサム・ブカーリ文化アタッシェ

この3月、およそ60名のサウジ留学生が日本の高等教育を修了して学士・修士・博士の各学位を取得しました。見事アブドラ国王奨学金海外派遣プログラムを修めたことを祝して、高等教育省所管サウジアラビア大使館文化部は卒業式を挙行いたしました。

日本国副総理祝辞・文部科学大臣祝辞

アブドラ国王奨学金海外派遣プログラムの卒業式に、元総理大臣で現日本国副総理である麻生太郎氏より次のご祝辞を頂戴しました。:『ご卒業おめでとうございます。希望に満ちた大空へ羽ばたく若人に、幸多かれと祈ります。』

日本国文部科学大臣下村博文氏からは次のご祝辞を頂戴しました。:『サウジアラビアと日本がこれまでに築いてきた友好関係はとても重要であり、将来にわたって継続すべきものです。日本に留学され、多くの日本人と触れ合い、日本人や日本の文化・習慣についての理解を深められた皆さん一人一人が、サウジアラビアと日本との友好の懸け橋となり、友好関係が一層発展していくことを期待しています。』

ノーベル物理学賞科学者祝辞・宇宙飛行士祝辞

ノーベル物理学賞受賞学者であり理研国立研究所所長である野依良治氏からもお祝いの言葉を頂きました。:『今世紀はグローバル化の時代です。そして気候変動をはじめ 人類の存続を脅かす問題に満ち溢れています。 ご帰国後は両国の友好の架け橋となるだけでなく、さらに世界中の人びとと手を携え、豊かな人類社会の持続と発展のために、ご活躍されることを期待しております。』

そして、宇宙飛行士であり現在は国立科学博物館の館長である毛利衛氏からアブドラ国王奨学生へ次の言葉が贈られました。:『サウジアラビアからの留学生の皆様、ご卒業おめでとうございます。宇宙の美しい水惑星に住む素晴らしい地球人として、これからご活躍下さい。』

_R4A9697

拍手で迎えられ入場する卒業生

Dr.イサム・ブカーリ文化アタッシェ;サウジ人材育成産業という名の戦略投資である。

開会にあたり文化アタッシェDr.イサム・ブカーリが挨拶、はじめに高等教育省Dr.ハーリド・アルアンガリー大臣とDr.アフマド・アッサイフ副大臣からご臨席の方々への挨拶と卒業生への祝辞を伝えました。そしてサウジアラビア政府による高等教育、サウジの人材育成への戦略的投資について次のように述べました;『皆さんの将来が大変楽しみです。これから皆さんが次々と功績を重ねてサウジアラビアの名を栄光の高みに駆け上がらせ、皆さんが親や祖先を誇るが如く子供や孫から誇りに思われる世代となるのを今眼前にありありとみるようです』

続いて、駐日サウジアラビア王国大使館Dr.アブドルアジーズ・トルキスターニ特命全権大使から卒業生へ温かい祝福の言葉と、国家が若者に拡げた機会を有難く活用せよとの激励の言葉を頂きました。

 

サウジ人学生は日本人学生を凌駕する努力をした

大阪工業大学学長Dr.井上正崇氏からはサウジ留学生の奮闘努力を称える次のお言葉を頂きました:『今春の卒業の日を迎えられた皆さんのこれまでの努力に敬意を表します。当初は日本語という大きな壁にぶつかったことでしょうし、生活習慣の違いなどでの戸惑いがあったことと推察します。多くの諸君には辛いことが多かったと思いますが、それは日々、克服しなければならないハードルに向かい努力してきた証です。日々の挑戦があったからこそ今日の日があるのです。多くの困難を乗り越えて卒業に至ったことで、これからの人生が輝くと思います。多くの日本人の学生とは比較にならない努力が、今日の皆さんを輝かせていると思います。』

_R4A0310

選抜された優秀生顕彰

特別優等生の顕彰

文化アタッシェのDr.イサム・ブカーリから、特に功績ある学生を表彰、はじめに研究奨励賞が、アマーニー・アルヒブシさん、サーラ・アルモフティさん、ザキー・ハカミーさん、イーハーブ・アッサイィドさん、ムハンマド・アッサーリムさん、サーリム・バーワジールさんの6名に授与されました。

続いて技術奨励賞が4名に授与されました。そのうちアナス・アルモワッライーさん、アブドルラフマン・アルハティーブさん、フサーム・ブカーリさんの3名は、オーストラリアで開催された世界最大級ソーラーカーレースに東海大学のチームの一員として参加し準優勝を獲得したことを称し、ジャーシム・アルシャアラさんは、東海大学とキングアブドルアジーズ大学の共同プロジェクト、無人ソーラー飛行機開発参画を称し授与、また、アッバース・ハウサーウィーさんは産業界との共同研究訓練プログラムにてIT教材を開発した功績を称え表彰されました。アムル・アルシャワーンさん(大阪大学)、アナス・メリーフさん(日本工業大学)には、日本の小学校を訪問してサウジアラビの文化紹介に励んだことが表され、ハーリド・アール・アッラシュードさん(日本工業大学)は、埼玉県春日部市で開催された外国人による日本語スピーチコンテストにおいて市長賞受賞を称え文化アタッシェ賞が授与されました。

_R4A0010

研究奨励賞

_R4A9927

卒業生代表フィラス・アルオジャイミーさん

日本語で答辞

卒業式には多くのアラブ諸国大使、諸大学の学長先生、日本企業代表者のご臨席を賜りました。日本のマスメディアからの注目も集め、多数の主要テレビ・ラジオ・新聞社から取材を受けました。

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum