2014年08月28日

サルマーン皇太子殿下再訪日、サウジ留学生と面会

019072178285 328711405628

2014年2月18日から21日の日程で、サウジアラビア王国サルマーン皇太子殿下が16年ぶりに再来日されました。多忙な日程をこなされた殿下は2月22日、滞在先都内ホテルに参集した同行の諸大臣、駐日サウジアラビア王国特命全権大使はじめ大使館職員、在日サウジアラビア人と家族、そしてサウジアラビア留学生と面会されました。留学生から日本企業におけるインターンシップ経験や、学生プロジェクト・製作活動の成果の報告を受け、母国の若者の成長を確認されました。記念式典の冒頭ではDr.イサム・ブカーリ文化アタッシェが挨拶し、アブドッラー国王陛下とサルマン皇太子殿下が中心となって推進される人材開発の取り組みへ深謝を表すとともに、サウジアラビアと日本の政府が重視する両国親善関係を改めて認識するよう次世代を担う留学生に促しました。サルマン殿下からは、母国の若者が日本で高等教育を享受しイスラームと国家に寄与する為に日々研鑽を積む姿は何よりの喜びである、このように高等教育や海外留学の機会を享受できているのはアッラーの佑助そしてアブドッラー国王のご尽力のお陰である、イスラーム精神とアラブ民族の基層の地といえるサウジアラビアは献身を尽くすに堪える国である、晴れて帰国した暁には父祖に続いて国家とイスラームに仕えてくれることを願っていると学生に向けて仰せになりました。この後、アブドッラー国王海外派遣プログラムの目的に照らして特に優秀であり且つ功労のあった学生9名へ記念品が手渡されました。なお、現在私費で留学しているサウジ学生は皆国費留学に切り替えるようにとご沙汰がありました。サウジ留学生の士気が高まり国の代表としての自覚を新たにした、サルマン皇太子殿下との面会で今年のスタートとなりました。

347401824313

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum