2015年12月11日

文化アタッシェが顕彰
慶應義塾大学大学院で加藤賞受賞のアルマズヤット・オスマンさん

image001

慶應義塾大学大学院湘南藤沢キャンパスで学ぶアルマズヤット・オスマンさんが加藤賞を受賞したことを称え、ターリク・ハカミ文化アタッシェが表彰を行った。

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科では修士課程の学生から学期につき理系・文系一名づつが選ばれ、それぞれ相磯賞・加藤賞を授与される。今回オスマンさんの修士論文が受賞したのが、この加藤賞である。

平成27年11月26日、ターリク・ハカミ文化アタッシェはオスマンさんと面会、受賞を称え表彰状を授与し、次の言葉を述べた。

「日本留学サウジ学生は、将来母国サウジアラビアの経済成長と発展に貢献する体系的知識・技術を海外から母国へ移転せんと自己研鑽と努力を積み重ねて学んでいる。」

そして、オスマンさんに今後とも母国サウジアラビアの為にサウジ学生の模範となるよう努力し続け、他の学生を牽引していくようにと激励した。また、サウジ国費留学生全員に向けて、各々が国を代表する最善の特使であると改めて自覚を促した。

そして、サウジアラビア国費派遣制度がその設置より今日まで母国の人材育成に付与してきた成果の程を強調し、サルマン国王陛下の御指導の賜物であると改めて感謝を表した。また、学生を常に御支援下さっているサウジアラビア王国教育省Dr.アッザーム・アッダヒール大臣とアハマド・ビン・ユーニス・アルバッラーク駐日特命全権大使に感謝を述べた。

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum