2017年04月25日

文化部にて、足利工業大学とのミーティングを実施

image030

2017年3月24日、足利工業大学より、副学長・工学部学部長の末武義崇教授はじめとする代表団が文化部を来訪され、文化アタッシェとミーティングを行い、同大学に所属しているサウジ政府派遣生14名の学習状況や学生生活について確認し話し合った。

足利工業大学は1967年創立、即戦力と環境適応力のある優秀なエンジニアを輩出・就職させる大学ランキングでトップ校であり、日本語学校の教職員が選ぶ留学生に勧めたい進学先のランキング、「日本留学AWARDS」において私立理工系部門で2015年、2016年と二年連続で一位を獲得している。現在、サウジ人留学生は合わせて16名が留学中である。

image031

また足利工業大学といえば、再生可能エネルギー分野において日本で最優良の大学の一つと看做されており、サウジアラビア王国の大学および研究拠点と同学との研究・学術分野の協力の展望が開かれている。

今回のミーティングでは、サウジ政府派遣生サポートの為に両者の連携を図ること、及び日本へのサウジ人学生派遣を円滑にするための条件付受入許可書の発行を行うことの二点を両者が同意し、また、文化アタッシェから副学長に、サウジアラビア王国の大学と足利工業大学との協力関係を強化していくことに文化部が支援・助力していく意向であると明言した。

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum