2011年10月19日

東海大学、ルルワ妃殿下に名誉博士号を授与

エッファト大学の理事・顧問を務めるルルワ・アルファイサル妃殿下は、科学技術分野においてサウジ人女子の教育に貢献したとして、東海大学より名誉博士号を授与された。エッファト大学が実践する教育プログラムが女子教育のよいモデルとなり、アラブ諸国での女子に対する教育が一層充実することが期待される。

また、ルルワ妃殿下の来日を記念した歓迎レセプションでは、現在日本の大学に在学し優秀な成績を修めたサウジ人女子学生への表彰式が行われ、熊本大学、大阪大学、山口大学、名古屋工業大学、早稲田大学に在籍する女子学生5名が受賞した。また、レセプションではエッファト大学と筑波大学の学術交流協定が締結されたほか、東海大学においても工学、情報技術の分野での学術協定が結ばれた。

 

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum