2011年12月01日

サウジ外務担当大臣が日本のサウジ人学生と会見。

二ザール・ビン・オベイド・マダニ外務担当大臣が日本で学ぶサウジ人学生と会見を行った。この会見は、マダニ外務担当大臣が駐日サウジアラビア王国特命全権大使閣下及びサウジ文化アタッシェDr.イサム・ブカーリとの会見のために、在京サウジアラビア王国大使館を訪問した際に行われた。マダニ外務担当大臣はサウジ人学生に対して、サウジアラビア王国が彼らに対して大きな期待を寄せており、サウジ人学生はその期待に日本での学業成績、さらにはアジアという枠においての優秀な学業成績をもって応えていると述べた。また、サウジ人学生の取り組みはサウジアラビア王国と日本を協力・信頼関係で結ぶ上で不可欠な役割を担っていると語った。

その後、文化アタッシェのDr.イサム・ブカーリがマダニ外務担当大臣に対して、学生との会見及び学生に対する助言について感謝と賞賛の意を表した。
 

また、派遣事業や日サウジアラビア青年事業交流計画についても議論が行われた。マダニ外務担当大臣にはサウジ文化部より記念品が、大臣に同行した派遣団には学生より花束がそれぞれ贈られ、会見は締めくくられれた。この会見には、ユーセフ・サアドゥーン外務次官をはじめ、在京サウジアラビア王国大使館及びサウジ文化部の関係者が出席した。

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum