2012年02月02日

文部科学大臣と会見にて...経済企画大臣、商工大臣サウジ人留学生と面会


Dr.アルジャーセル経済企画大臣、Dr.アッラビーア商工大臣ご臨席の下、サウジ人留学生に話をされる日本文部科学大臣平野博文氏

2012年1月31日(水)東京で開催された日本サウジアラビア産業協力フォーラムの折に、Dr.タウフィーク・ビン・ファウザーン・アッラビーア商工大臣、Dr.ムハンマド・ビン・スレイマーン・アルジャーセル経済企画大臣、平野博文文部科学大臣がアブドラ国王奨学金プログラムサウジ人留学生と面会した。今回のフォーラムには、サウジ戦略研究センターファイサル・ビン・トゥルキ・アルファイサル殿下、日本サウジビジネスカウンシル共同議長アブドル・ラハマン・アルジュレイシー氏、サウジアラビア王国特命全権大使Dr.アブドルアジーズトルキスターニ氏、文化アタッシェDr.イサム・ブカーリが出席した。

面会では、平野博文文部科学大臣が、サウジ人留学生に向かい日本語で話をし、
「皆さんが、産業・科学技術・日本語の知識をサウジアラビアに伝える架け橋となります。日本の大学でサウジ留学生のための創造的学術環境が実現するよう取り組みます。」と明言、サウジ留学生が日本の大学で学んでいることに喜びを表された。
続いて、商工大臣Dr.タウフィーク・ビン・フザーン・アッラビーア氏は、「日本企業で研修を受け、勉強に励み、日本文化を学び、そしてあなたがた大いに期待を寄せている祖国に、日本で習得した知識と経験をもたらしてください。」と温かい激励の言葉を送られた。
次に、経済企画大臣Dr.ムハンマド・ビン・スレイマーン・アルジャーセル氏は、「みなさん、“アナーニーヤ・ムスタニーラ”になってください。」と激励、この斬新奇抜なアラビア語の意味するところは、“どこまでも貪欲に知を求め見聞を広めて教養を積むこと”、「日本社会から学べるもの、交流の場、そして母国やイスラム文明を紹介する機会は全て自分のものにし、研究学問の目標、奨学金プログラムの頂点を獲得するよう全力で邁進してください。」と、学生の士気を鼓舞された。
また、サウジ戦略研究センターファイサル・ビン・トゥルキ・アルファイサル殿下より、「日本で学ぶサウジ人留学生の皆さんはサウジアラビアの財産、我々の誇りです。」と述べられた。
日本サウジビジネスカウンシル共同議長アブドル・ラハマン・アルジュレイシー氏は、自身の仕事のスキル習得経験を話され、「真剣に勤勉に忍耐強く知識を探求し教養を深めてください。将来ビジネスの現場で活躍する留学生の姿を楽しみにしています。」と述べられた。その後、閣僚に対し、サウジ留学生から意見や質問が寄せられた。
閉会にあたり、文化アタッシェDr.イサム・ブカーリより皇太子殿下、閣僚に対し、大変充実した、建設的対話での素晴らしい会合に、心からの感謝の気持ちを表するとともに、「寛大な祖国の賢明な指導者は、有望で明るい未来の国家産業開発計画の中心に人材開発を据え、我々にサウジアラビアの“人”に投資する重要性を教えてくれた。さすがはその偉大なる祖国の指導者たちだ。」と強調した。 その後、記念品の贈呈、記念撮影を行なった。

 


閣僚・要人たちとサウジ人留学生で記念撮影

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum