2012年05月22日

サウジアラビアの人材開発について特集号発行
新メディアによるサウジアラビア紹介コンテストを実施


二大聖地の守護者アブドラ国王治世における戦略的人材開発を紹介

二大聖地の守護者、アブドラ・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード王の即位7周年を記念して、その治世における大計、戦略的人材開発とその事績を紹介する小冊子 “人材開発に傾注するサウジアラビア”を日本語で刊行した。

アブドラ国王による新機軸の政策ビジョン、教育分野の躍進、人材開発を纏めたもので、高等教育機関の増設や、今や130万人に以上に上るアブドラ国王奨学金プログラムによるサウジ留学生数の拡大を取り上げ、サウジアラビアが産業の将来を見据えて推進する人材育成のための投資を紹介している。 他に、サウジアラビアの大学や研究拠点の紹介、世界ランキングで上位ランクインを達成した記録、サウジアラビアと日本の大学間学術研究プロジェクト事例などを掲載している。 日本の主要大学(東京大学、早稲田大学、大阪大学、東北大学)で学ぶサウジ留学生の体験談では、産業先進国日本の屈指の教育機関で学ぶ機会を下さったアブドラ国王への感謝の気持ちと、学問研究を修めて祖国に戻った暁には、祖国が産業先進国に加わり益々興隆していくよう貢献したいという力強い決意とが述べられている。

文化アタッシェDr.イサム・ブカーリより、アブドラ国王即位7周年に心からの祝辞を述べ、自身とサウジ留学生を代表し喜びを表した。:
「アブドラ国王即位7周年を迎え、二大聖地の守護者アブドラ国王、皇太子殿下、そして、すべての国民とサウジアラビア王国に、衷心より祝福を表します。アブドラ国王がこれからも、ご健康でご多幸でありますよう、また、賢明な指導者と忠実なる国民が成すサウジアラビア王国の安寧安泰と繁栄が続きますようお祈りいたします。」
続けて
「アブドラ国王率いる指導部による日進月歩の開発計画は、サウジアラビア国民とその人材育成を礎石に据えました。多くの日本の方々がこれを “アブドラ国王ルネッサンス”、もしくは、明治維新の驚異を想起させる、“サウジアラビア維新”と看做すのも宣なるかな、サウジ留学生の技術学術的成果が示す如く、アブドラ国王奨学金プログラムは、早くも結実し始めました。

日本の企業はサウジ留学生の採用やインターンシッププログラムを通し、惜しみない協力をして下さっています。今年の初めには、衆議院議員会館で鳩山由紀夫元総理大臣から優等サウジ留学生の顕彰をしていただきました。サウジアラビア指導部による政策を、日本の民間企業、政府幹部の方々が高く評価して下さっていることをあらわしています。」

一方、アブドラ国王就任7周年記念を捉えて、文化部で、‘新メディアによるサウジアラビア王国紹介コンテスト’を実施した。

日本全国の大学や研究所で学ぶサウジ留学生レベルで日本語による母国紹介ビデオの制作を競い、東洋の国で善き大使として活躍する、サウジが誇るアブドラ国王奨学金プログラム留学生の士気が昂揚した。

 

サウディアラビア建国の祖

明哲なる王

留学生対象就職フェア2017

サウジ留学生ポータル

スルターン故皇太子殿下

サウジウィークin大阪

Innovation Forum